skip to content
Primary navigation

なぜミネソタ州?

ビジネスの成功と成長は、労働力と人材力、イノベーションとテクノロジー、インフラ、居住適合性、ビジネスサポートとインセンティブなどの強固な基盤の上に成り立ちます。

これらについて考慮した場合、ミネソタ州に匹敵する場所はないといえます。可能性を秘めたジャーニーを私たちがご案内します。

国土206,232| 人口560万人 | 労働力人口300万人 

州の総生産(GSP3,740億米ドル | 一人当たりのGSP58,061米ドル

flying-minnesota-japanese

fortune-500-japanese最大手企業と有名ブランド

ミネソタ州には、多くの世界的大企業や有名ブランドが存在します。その中には、フォーチュン500企業の18社、世界的ヘルスケア企業のMayo Clinic、世界最大級の株式非公開企業のCargill、そしてMedtronicの事業本部が含まれています。

ミネソタ州の海外投資

ミネソタ州には、約40カ国から、1,000社以上の外資系企業が進出しています。それらの企業は約160,800を雇用し、ミネソタ州に350億米ドル以上の財産、工場および設備を投資しています。

以下、例を挙げます。

  • Allianz
  • Daikin Applied
  • Geringhoff
  • Takeda
  • Uponor
  • Olympus
  • Rosenbauer
  • DiaSorin
  • Doosan
  • Kerry Ingredient

ミネソタ州の主要産業

製造業

  • 製造業は、ミネソタ州経済の主力となっています。
  • ミネソタ州は、特に、コンピュータや電子機器、医療機器、自動車などのハイテク製造業が盛んです。
  • 2020の製造業輸出額は190億米ドルに及びました。

バイオサイエンス

  • ミネソタ州のメディカルアレイは、米国におけるNo.1医療技術クラスターであり、ここには米国で最も優れた病院とされるMayo Clinicや、米国最大の医療保険会社、United Healthcare Group、それに加えて1,000社以上の医療関連企業が存在します。
  • ミネソタ州はバイオサイエンスの革新と技術で世界をリードし、一人当たりの医療機器特許数ではトップの座についています。 
  • ここに本社を置く、または大きな存在感がある医療機器メーカーには、MedtronicBoston ScientificAbbott、および3M Health Careなどがあります。
  • その他の主要なバイオサイエンス分野として、医薬品・バイオロジクス、個別化医療、バイオインフォマティクス、再生医療、ファーマコゲノミクス、幹細胞研究、遠隔医療などを挙げることができます。

クリーンテックと再生可能エネルギー

  • ecosphereミネソタ州は、持続可能性の面で上位5州にランクインしており、バイオ燃料から水技術、風力・太陽光発電までの幅広いクリーンテックと再生可能エネルギーのクラスターで、活発なビジネス展開を繰り広げています。
  • 水処理・造水技術に関しては、Pentair3MEcolabなど、世界最大級の上下水道処理企業の多くがミネソタ州に本社を置いています。2020年の海外への売上高は約12億米ドルで、ミネソタ州は米国の全州の中でも上下水道処理技術の輸出州トップ5位にランクインしています。
  • 太陽光発電に関しては、再生可能エネルギーを優遇する州政府の積極的な政策に加えて、3MXcel Energyを含む大手企業や多くの中小企業の商業的関心が、この分野の堅実な成長を後押ししています。
  • ミネソタ州の企業は、電気自動車や自律走行車、あるいはそれらに類似した機器への移行に欠かせないスマートモビリティに関する技術、製品、およびサービスを開発しています。これらの分野で活躍する多くの企業には、3MPolarisRosenbauerが含まれています。 

global-food-giants食品と農業

  • ミネソタ州の農業、食品、飲料産業は、イノベーションを尊ぶ風潮、専門性の高い人材力、強い製造業と農業部門によって、全米トップクラスの座を誇っています。
  • ミネソタ州の農作物の総生産額は全米第5、農産物輸出額は第4です。 
  • 食品・飲料製造業もまた巨大な規模を誇り、一人当たりの食品製品特許件数は全米第4となっています。
  • ミネソタ州には、CargillGeneral MillsLand O'Lakes、およびHormelなどの食品・農業関連の大企業が数多く存在し、またPurisのような革新的な新興企業も急成長しています。

テクノロジーとイノベーション

ミネソタ州では、テクノロジー・スタートアップが盛り上がりを見せており、クリエイティブなアイデア・インキュベーターが活躍しています。

民間企業と政府は、スタートアップ企業の育成を支援するために、アクセラレーターコンテスト、イノベーションコンテスト、投資家とのネットワーク構築の機会、イノベーション助成金などのプログラムやサポートを提供しています。 

  • ミネソタ州は、医療機器、コンピュータや電子機器の製造、IoTInternet of Things:モノのインターネット)など、さまざまなハイテク産業をリードしています。
  • ミネソタ州の成功の鍵は、テクノロジーに精通し、専門知識を持つ多世代にわたる人材です。
  • 公的研究機関や上場企業は、食品、医療イノベーション、クリーンエネルギー、テクノロジーなどの研究開発に多額の投資を行っています。
  • 特許取得が盛んなミネソタ州は、一人当たりの医療機器特許では全米第1位、全体の特許では第6位となっています。
  • Launch Minnesotaは、ミネソタ州をイノベーションにおける全米のリーダーとすることを目的とし、スタートアップ企業の成長を促進するために州全体と協力しています。

ミネソタ州の主要な資産

インフラと物流

radius-map-japanese整備された道路、飛行機、船、ブロードバンドは、世界の市場へのアクセスを容易にしています。

サプライチェーン・ロジスティクスと、商品を市場に送り出すことは、以下によって、より効率化されています。   

  • ミネアポリス・セントポール都市圏国際空港(MSP)は、国内30都市を含む137都市に直行便が就航しており、Airports Council International(国際空港評議会)により、4年連続で北米の同規模空港の中で最も優れた空港に選ばれました。   
  • 3つの州間 高速道路 (I-90I-94、およびI-35)   
  • 9つの民間機専用空港 
  •  スペリオル湖とミシシッピ川 8つの商業港があり、 国内外の貨物が輸送される。
  • 4つの第一種貨物鉄道路線、 3,500マイル以上の第一種鉄道(21の鉄道会社が運営する4,500マイルの貨物鉄道のうち)  
  • 3つの外国貿易地域 
  • 高速インターネットに関しては、ミネソタ州の90%以上の家庭で、25/3 mbpsの速度を利用することができ、多くの家庭では100/20 mbps以上を利用しています。
  • 州内の世界水準のサプライチェーンにより、企業は豊富なサプライヤーから原材料、部品、最終製品を調達することができます。

人材と能力

  • ミネソタ州の最も重要な資産、そしてあらゆる種類の企業にとって重要な競争力となるものは、高いスキル、生産性、モチベーション、低い欠勤率で知られる労働力です。
  • ミネソタ州の労働力参加率(69.2%)は全米で3番目に高いものとなっています。これは全米平均の61.7%を上回るものです。

教育と訓練

  • ミネソタ州には200以上の公立大学・私立大学、短期大学、専門学校があり、年間40万人以上の学生が在籍しています。
  • ミネソタ大学は、全分野の研究費合計が約92,200万ドルで、公立大学の中では全米第9位となっています。 
  • 州内では、企業向けにカスタマイズされた従業員研修プログラムや、実習プログラムが提供されています。

税制とインセンティブ

  • ミネソタ州は、資本集約的な製造業の実効税率が9番目に低く、ビジネスの安定に寄与する環境と税制を備えています(2021Tax Foundation)。 この調査では、所得税、事業税、固定資産税、売上税、雇用保険税のほか、税制上の優遇措置が対象となりました。
  • また、ミネソタ州に本社を持つ企業は、売上単独基準配分法の恩恵を受けることができます。この配分法は、ミネソタ州で発生した事業売上の割合のみが同州で課税されるというものです。 
  • ミネソタ州では、機械や在庫などの個人資産を固定資産税の対象外としていますので、不動産と個人資産の実効税率が低く抑えられています。その結果、不動産価格と比較して設備や在庫の価値が高い企業は、設備や在庫に税を課している州に比べて、より低い実効税率となります。
  • ミネソタ州では、製造工程で使用される資本設備を、売上税の対象から免除されます。このほかにも、機器の設置や修理、工業生産に必要な光熱費、化学薬品、ガス、あらゆるサービスなどの企業にとって重要な免除項目が数多くあります。
  • 企業向けインセンティブプログラムとしては、Minnesota Investment Fund(ミネソタ投資基金)とMinnesota Job Creation Fund(ミネソタ雇用創出基金)があり、プロジェクトの規模に応じて、それぞれ50万ドル、200万ドルの奨励金が支給されます。

成功へのコラボレーション

必要とするときにはいつでも、私たちは手を差し伸べます。扉を開き、つながりを得て、リソースを見つける。そして問題を解決する。それは、専門家によるサポート、顧客サービスへの情熱、そして企業の特定のニーズへの対応から始まります。

  • 専門のコンサルタントが、企業のサイトロケーションプロセスを段階的にご案内いたします。
  • 企業が高度なスキルを持つ人材を確保できるよう、私たちは企業と産業界の緊密な連携による人材育成と開発に取り組んでおります。
  • ミネソタ州は、カナダ、日本、欧州連合、英国、ASEAN、中国の6カ所に海外事務所を置き、5大陸には7つのパートナー代表を置いています。
  • Minnesota Trade Office(ミネソタ州貿易局)の外国貿易専門家は、市場や産業に関する見識や技術的なアドバイスを提供しています。

ミネソタ州への投資は、成功に大きく寄与する投資ですが、それは継続するものとなるでしょう。私たちは、支援をし続けます。パートナーなのです。それが私たちの誓いです。

Laurence Reszetar(ディレクター)
International Business Strategy, Minnesota Trade Office(ミネソタ州貿易局国際ビジネス戦略担当)
Department of Employment and Economic Development(米国雇用経済開発省)
直通: 651-259-7488
Laurence.Reszetar@state.mn.us

Elise Buchen(マネージャー)
International Business Development, Minnesota Trade Office(ミネソタ州貿易局国際ビジネス開発担当)
Department of Employment and Economic Development(米国雇用経済開発省)
直通: 651-259-7481
Elise.Buchen@state.mn.us

Japanese-translations

nonstop-flight-map-japanese

back to top